ショッピングカート

フランスで日本人が仕事を見つけるための市場攻略法


日本人のフランス就活【二ッチ市場とスキルの掛け合わせ戦略】


フランスでは仕事がない、見つからないと諦めている方へ!



フランスに行こうと考えている人は多いです。


それは結婚であったり、ワーホリであったり、現地で仕事を探して、思っていたライフスタイルを確立していきたいと考える人も多いのですが、見つからないという現実もあるというこを意識して下さい。

 

全く収入がないと、実際貯金が目減りしていくのをただただ感じるだけで、思っていたライフスタイルができないだけではなく、いろいろと起こってくるものです。

 

そこでフランスへ行く決心をして、仕事を見つけたいと思っているが、どうしていいのかわからないという方に向けた、『日本人の二ッチ市場を狙うフランス就活講座』をお届けします。

 

二ッチ市場というのは、数が少ないというデメリットはあるのですが、日本人のデメリットを克服して、そのメリットを活かした仕事を狙うというものです。

 

日本人だからこそできる仕事を狙い、仕事を見つけていくためのスキルを身につけることを目的とした講座です。

 

二ッチ市場はどう見つけるの?

をみて行きましょう。


■日本人に向いた二ッチ市場を見つける



「仕事がみつからない」と周りから聞いたことが多いと思っていますが、そんな現実は確かにあります。

 

実際に、日本人はフランスで仕事が見つからない、仕事がない、と思っている方も多いのです。

 

仕事がないその背景には、採用側の会社からすれば、

 

フランス語が上手く話せない、

フランスで当たり前に知っていることを知らない、

フランス人の同僚と上手くコミュニケーションができない

 

があります。

 

しかし、日本人に向いた二ッチ市場を見つけることができたら、どうなるのでしょうか。

 

つまり、日本人に向いた二ッチ市場を狙っていけばいいのです。

二ッチな市場とは、日本人を必要としている求人を見つけていくということです。


だだ、二ッチな市場とて、『仕事が見つからない』というのも事実です。

 

日本でも、フランスでも仕事に就いている人の就職ルートは、紹介か求人広告応募です。

 

紹介というのもありますが、数にすれば1%程度です。人材派遣会社に勤務している友人や知り合いがいるのは稀ですので、まして、フランスに着いた時は、知り合いがほとんどいない状態がほとんどです。

 

日本人だけではなく、フランス人とて、紹介されるというのは稀ですので、ほとんどの場合は求人広告に応募するわけです。

 

ここで意識していただきたいことには、求人広告の応募には、応募のノウハウがないと、応募でひっかからないということです。

 

一回の求人に寄せられる応募者の数は数十から数百です。

 

書類選考に残るには、

 

的確な応募を理解するスキル、

適切な表現で応募するスキル

自己アピールができるスキル

 

をクリアした書類を作成することです。

 

ですので、第一選考で落ちてしまうのは、

 

的外れなプロフィール

技術的なスキル低いプロフィール

給与面が合わないプロフィール

 

などですが、プロフィールが合致している求人に応募すれば、選考にもひっかかりますが、問題となる点は、採用者にとって分かりやすい、読みやすい履歴書を作成して応募するというスキルを身につけないといけないということです。

 

 

貴方がいままで応募した書類は、プロフィールに合っていて、アピール性を備えていましたか?

■フランスで仕事を見つけるための【求人広告検索攻略)

ですので、紹介ルートを知らない人が、求人に応募するノウハウを身につける必要があるということです。


つまりそのノウハウとは、


原因1への解決法

日本人の特徴を活かせる就職先を探していない

→日本人が就活をできる仕事先を探して、見つけて、そこに応募する。



原因2への解決法

日本人が就職し易い、フランスの就活の現状がわかっていない

→日本の会社と関連するフランスの会社市場での就活の状況を理解する。


原因3への解決法

フランス独特の求人・応募のやり方が理解できていない

→フランスでの応募するためのを理解して、求人に応募していく。


原因4への解決法

どこかでフランスでの就職は無理と思ってしまっている(心のブロック)

→これが一番厄介なもので、そのブロックを外すマインドを身につける。


という作業をしていく必要があります。

フランスで仕事を見つける求人広告検索攻略


紹介ルートを持たない人は、求人に応募するノウハウを身につける必要があるということは理解して頂けたと思います。


ノウハウを身につけることこそ、要なスキルで、就活しているフランス人でも、とんでもない時間をかけて活動しています


フランスという土壌で、フランス語が母国語であるフランス人も、就活には講習を受けてノウハウを身につけていっています。


1つのポストに数十人、数百人の応募がありますので、ノウハウがないと太刀打ちできないのが現実です。


ですので講習を受けた人とない人とでは、雲泥の差ができてしまうのです。

 

そんなノウハウはどうするのかは、フランスでは、ポールアンプロワ(ハローワーク)で講習があるのです。


ただ、だれもができるわけではないのは、費用が大体1日1000ユーロで、日本人に金銭面以外でも、フランス語の面でも受講は難しいです。


コーチの先生はフランス人で、全てフランス語の講習で、理解が難しくなっているのです。


そこで、フランスに行き、自力で探し限界を感じてきている方でも、日本人だから狙えるプログラムにして作成したのが、この講座となっています。

 

日本人だから狙える職種や企業にフォーカスをして、就活ができるように低価格で受講できるビデオ講座となっています。

私Sakurakoの自己紹介をさせていただきます


心のブロックを経験した


私も心のブロックをフランスに来た時に経験しました。


私がフランスに来た当時は、ブログやネットが発達していませんでしたし、実際に何処かに行って情報を手に入れるという状況だったので、かなり苦労をしました。


フランスへ来たのは、30代後半で、言葉でも苦労しました(笑)。


フランスで就職を考えるいる人は私と同じような状況の人が多いです。


実際に諦めている人も多いですが、やっていけば道は開かれるものです、事実私もパリで就職ができましたので。


簡単ではないですが、やれば道は開かれるものです。


コネもなにも無しでも、仕事を見つけることができましたので、可能で、高収入も期待できます。


解雇に遭いハローワークで講習を受けた


私は一度解雇に遭い、再就職の為にフランスのハローワークで講習を受けました。


応募をしても今まで返事すらこないという場合があったのに、講習受講後には返事がくるようになり、再就職ができました。


そこで異国のフランスで、日本人だから狙える「日本人の私が日本人に最も合った形のプログラム」を作成したのが、この講座となっています。

 

日本人が就職に有利にできるように、日本人だから狙える職種や企業にフォーカスをした、就活できるビデオ講座となっています。

コースのイントロ解説を聞いてお申し込みをしてください。

日本人がどのようにフランスで就活すべきか、【二ッチ市場とスキルの掛け合わせ戦略】の概要をお伝えします。

 


申し込みをする

フランスで日本人が仕事を見つけるための市場攻略法

€145
このコースはフランスで仕事の探し方、自分の適性を考え応募していくためのノウハウを学んでいくコースです。

ご購入申し込みから、1週間ずつ進み、3週間で応募をしていけるプログラムになっています。

買い切り1回145ユーロで、1ヶ後終了してもそのままアクセスしてご覧いただけます。

履歴書の添削指導はありませんので、ご自身でご用意してある方向けのコースとなっています。

このコースで何が学べるの?

この動画コースは、あなたが日本で培ってきた能力や技能を生かした仕事を探せるようになるスキルを身につける講座です。


日本人でフランスに来て、直ぐ仕事がみつからないのは、数ある、膨大な情報の中から自分に必要な情報を探すことができないのです。


 あなたが日本で仕事の経験があり、能力や技能が既にあり、どこに就職が可能かを探すだけです。


自分に適した仕事を探すためのノウハウをお伝えしています。


日本人の特徴として、フランス語がわからないからと諦めてしまう傾向も多いです。


求人応募しないことが、ふるいにかけられている状況です。ですので、これまで尻込みしている姿勢から、応募していくメンタルを身につける作業が必要です。


実際細かい作業ですが、就職はその過程を終えた人が行きつけるものです。


プログラムの内容は、それに必要な、


1フランス語のレベルと日本人とフランス人の会社

2.労働契約と条件

3.自分にあった求人広告の検索の仕方

4.志望動機書の自分のアピールの仕方

5.求人サイトで応募の仕方

6.求人への応募まとめとアクションリスト


この動画講座はコンサルなしのコースで、志望動機書の書き方のモデルもダウンロードできますので、そのまま応募ができるコースとなっています。


実際にノウハウを実績すると、応募ができるようになっています。


深掘りしてコンサルも受けたい場合は

■コンサル付きのコースもご用意しています。フランス語がまだおぼ付かない、履歴書と志望動機書をブラシュアップし、面接向け準備するコースです。


3回の対面スカイプ(1回60分)権と、履歴書と志望動機書のワードの添削権をがついています。


動画の内容は、なしのコースと同じプログラムです。


1フランス語のレベルと日本人とフランス人の会社

2.労働契約と条件

3.自分にあった求人広告の検索の仕方

4.志望動機書の自分のアピールの仕方

5.求人サイトで応募の仕方

6.求人への応募まとめとアクションリスト


ここまでは一緒ですが、実際のところ、フランス語のレベル次第で、直ぐ応募ができるかといえば、心のブロックがある人が多いです。


いくら日本でいい経歴を持っていても、フランス語でどう応募するのかわからない方もいます。

求人内容にあったものでないとお門違いの応募になりますので、経歴を求人に合わて作成するのがポイントです。


そこで求人探しのために対面スカイプコンサルをお付けしています。

毎月1回、3か月で合計3回、応募するポストを決めて、履歴書と志望動機書を完成させて応募する。


スカイプコンサルとは別に、スカイプ対談の後に、履歴書と志望動機書をGoogleのドキュメントで作成したものに添削を行っていきます。



①就職したいポストを明確にする、

②それに向けた履歴書を作成して、添削する、

③志望動機書を作成して添削する。


自分の適性を熟考して、履歴書と志望動機書の書き込みをしていくことで、反応がいいものに仕上げていくのがかぎです。

よくある質問(質問をクリック/タップすると回答が見られます)

ご受講に向いていない方


講座を受けてみたいと考えるている方に、この講座のデメリットもお伝えします。


受講して頂く方を厳選しています。


「ラクして仕事を見つけたい」みたいな人はこの講座への参加はご遠慮ください。

そう考えている人は、フランス語検索力をつける行動もしないので結果がでないからです。

履歴書と志望動機書の添削もありますので、わからない部分を調べていくメンタルも必要です。


人によってはノウハウを悪用するなどもあります。そんな冷やかしの人が参加するのを防ぐため、本気の人だけに参加してもらうために、講座に返金保証はつけていません。


「ノウハウだけもらって返金してもらえばいいや」

みたいな人が本講座に参加するのを避けるためです。


やってみると、検索やフランス語文の作成がでてきますので、講座を見るだけでは終わりません。


「本気で取り組んで実践」したい方にご受講していただきたいです。

ご受講に向いている方


逆にこの講座に向いている方もお伝えさせていただきます。


動画コースをみることで、日本人でも応募できるマインドセットができます。


「本気で取り組んで実践」したい方にご受講していただきたいです。


また講座は買い切り型なので無期限で視聴できます。


フランス語に自信がないので、コンサル付きのコースでグレードアップする場合は、メールでご連絡をお願いします。


差し引いた金額でご受講できます。


コースの特典

このコースには以下の特典がついています。



特典1

レターの書き方動画講座

就活にはメールを送付して依頼も必要です。求人応募で宛名の正しい書き方を習得がかぎです。

フランス語レターとEmailの書き方、クレーム対応例文つきコース(59,99ユーロ)。


更に、特典2として、

就職前のフランス就職・サラリー・労働契約の基礎知識編コース(19,99ユーロ)


へのアクセス権がついています。


本体講座を補完しているコースを特典でお付けしています。

ご希望コースをお選びください。

フランスで日本人が仕事を見つけるための市場攻略法

€145
このコースはフランスで仕事の探し方、自分の適性を考え応募していくためのノウハウを学んでいくコースです。

ご購入申し込みから、1週間ずつ進み、3週間で応募をしていけるプログラムになっています。

買い切り1回145ユーロで、1ヶ後終了してもそのままアクセスしてご覧いただけます。

履歴書の添削指導はありませんので、ご自身でご用意してある方向けのコースとなっています。